★疋田ゼミの紹介★

鹿児島県立短期大学商経学科のゼミ数は15ゼミ程度、少人数で最大でも8名です。

1年前期に基礎ゼミという形で大学側が割り振ったゼミで「ゼミとは何か」を学びます。

後期が始まる前にゼミ選択の説明会が開かれ、募集要項やゼミ訪問を参考に自分で入りたいゼミを決めます。



疋田ゼミでは基本テーマを「明治維新150周年に鹿児島地域史を学ぶ」と設定しています。

 1年後期では、「鹿児島について興味のある事柄を持ち寄り、論文を見つけてレポートを作成する」という活動を多く行います。

この活動ではレポートの作成力を身に着けると共に鹿児島について基礎情報を学びなおすことを目的としています。

観光や自然、歴史など様々な角度から自分たちの郷土を観る時間になります。

 

 

 2年前期では、ゼミ全体でひとつのテーマに絞り、一人ひとりが違う視点から課題を見つけて共有し、考察する活動を行います。

例えば、2018年前期のテーマの一つに「鹿児島の観光について」があります。

このテーマに関して、「歴史的な観光施設」「交通手段」「外国人観光客への対応」といった観点でそれぞれが調査し、発表しました。

発表に対し、疑問や矛盾点、詳しく知りたいこと などを意見しあってより深い調査へつなげていきます。

 

 

 2年後期では、いよいよ卒業論文の作成に入ります。

基本テーマに沿って、自分の調べたい分野の研究を進めていきます。

短大では2年生で就職活動・進学試験を行いますので実際に卒業論文に力を入れることができるのは就職・進学が決まってからです。

しかし、1年後期でゼミに入った時から様々な情報を得ておくことで論文も書きやすくなります。