鹿児島県立短期大学周辺の史跡

 

 

鹿児島県立短期大学の周辺にはいくつかの史跡があります。

 県短周辺 Google地図リンク

 


目次

1 歩兵第四十五連隊跡 正式には、第六師団歩兵第四十五連隊の跡地である。現在の鹿児島県立短期大学一帯にあった。
2 玉里庭園 現在の鹿児島女子高等学校の敷地内に存在する。島津家由縁の日本庭園。
3 お由良屋敷跡 由良騒動で有名な薩摩藩第二十七代藩主斉興の側室、お由良の方の屋敷
4 妙谷寺跡 正式には、覚照山妙谷寺の跡地である。島津義久や、平田靱負に所縁のある寺院でした。
5 忠節小蔵之碑 江戸時代に存在した、「小蔵」という忠節者をほめ伝えた記念碑

 


詳細

1    第六師団歩兵第四十五連隊は、明治30年(1897)に開設され、その後昭和20年(1945)までの48年間、県下の若者たちの鍛錬の場になった。連隊跡は、現在の玉江小から旧鹿児島西高校付近です。当時の面影は、県立短期大学の正門(当時の営門)、裏門、楠の大木(正門近く)、県短付近の石塀(兵営を囲んでいた)が残るのみである.

 

2