県短には1年間を通して様々な行事があります。県短は学生の人数が少ないのでいろいろな交流を通して様々な学科、専攻の人とも仲良くなれます。主に自治会が行事を企画してくれています。あまりしられていない行事ももしかしたらあるのでここで紹介していきたいと思います。

 



目次

1.県大祭 

2.浴衣デー

3.体育祭

4.県大祭の前夜祭

 

1.県大祭

経営情報の劇(イケパラ)の様子
県大祭では、6つの専攻(日本語日本文学専攻、英語英文学専攻、食物栄養専攻、生活科学科専攻、経済専攻、経営情報専攻)でそれぞれ劇を発表します。去年は英語英文学専攻が優秀賞でした。あまり普段同じ専攻のみんなが集まる機会が少ないので学祭を通して仲良くなれました。

 

 

2.浴衣デー

県短では、夏に2日間浴衣で大学の講義を受けられる浴衣dayがあります。大学で浴衣の着付けをしてもらえるので、自分で着付けができなくても自治会や先生方がしてくれるて気軽に浴衣を着ることができます。浴衣を着るだけではなく、縁日ブースといったイベントもあってとても充実しています。縁日ブースでは県短以外の人も参加できるので地域の人々も県短にくることができます。






縁日ブースの様子








大学の校内で友達と

3.体育祭

年に2回ほど春、秋に自治会によって体育祭が行われます。赤、白、青、黒の4チームに分かれて対戦しました。いろいろな学科、専攻の人たちともふれあえるのでとてもよい機会です。みんなが楽しめそうな種目がたくさんあって楽しかったです。年によって種目も変わるので楽しめます。

 

4.県大祭の前夜祭

毎年県大祭の前日の前夜祭では、仮装大会があります。みんなで仮装をしてお菓子を食べたりたり、ビンゴゲームをしたりして楽しみます。ビンゴゲームでは豪華な景品があるのでみどころです。

 

 

 

 

 県短にはたくさんの行事があって行事を通してたくさんの人とも知り合えるのでとても良い機会です。積極的に行事に参加してたくさんの思い出を作りましょう!!

県短のホームページはこちら