鹿児島県立短期大学では「異文化コミュニケーション」という授業で短期の海外研修があります。

私は、1年生の夏休みにハワイでの海外研修に参加しました。

ここでは、約2週間の研修の中で体験したことや、感じたことを紹介します。



出発

初めての海外で分からないことだらけでした。搭乗手続きは国内線より厳しく、規定が細かかったです。

飛行機の中では、一人ずつモニターがあったので、映画やドラマが見放題で最高でした。



自由時間


到着して二日間は、自由に行動できる日でした。ハワイアンフードを食べたり、海に行ったり、買い物をしたりして、満喫しました。

ハワイの海は本当にきれいでした。夕日を見たときは涙がでそうなくらい感動しました。

買い物をしていると、ハワイは日本よりも物価が高いので、日に日に金銭感覚がまひしてきました(笑)。

右の写真はパンケーキです。朝から、有名なカフェに1時間くらいかけて歩いて行きました。食べたときは、本当にほっぺたが落ちるおいしさでした☆

(食べ物はすべて大容量なので、友達とシェアして食べるのがいいです!)









学校での体験

この研修で通うカピオラニ・コミュニティカレッジでは、英語の授業に加え、ウクレレ体験、レイ作り、フラダンス、現地学生との交流など貴重な経験ができました。
   ←最終日には、ハワイをテーマに、英語でプレゼンをしました。

友達との共同生活 

ハワイでの二週間は、ホテルで寝泊まりするのですが、自炊や洗濯は自分たちでしました。

「今日の夜ごはん、明日の朝ごはんは何を食べようか?」と、友達と考えながらスーパーで買い物をするのも、普段はなかなかしないことなので、とても楽しかったです。

学校が終わると、夕方くらいからは自由時間だったので、外食にも出かけました。しかし、毎日外食だと、お金がかかるので、私の部屋のグループは自炊をして、節約していました(笑)!

この「共同生活」という体験もハワイ研修の魅力の一つです!
帰国

初めは、少しだけホームシックになりましたが、最後には、ハワイに住みたくなるほど、帰りたくなくなりました。

次の日は、時差ボケで眠たくなりました・・・


この海外研修では、二週間という短い期間の中でも、濃密な時間を過ごすことができました。

現地大学での英語の授業や、友達との共同生活を通して、自分の知らないことはまだまだたくさんある、ということに気づきました。

普段の生活では味わえないことがハワイにはたくさんあります!

ぜひ、大学生のうちに海外へ行ってみてください☆